体を作っている物

体内の水は、体の中に溜まってはいません。血液として体内を駆けめぐっていたり、細胞間を行 き来したり、内臓や骨を作るなど、常に動いています。また、さまざまな状態で体外に出ています。

私たちの身体は知らない間に水分を失っていて、これを「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」と言います。不感蒸泄の代表的なものは、呼吸です。私たち は、息を吐く時、常に肺から水分を出しています。ガラスに息を吹きかけると、ガラスがくもりますが、これは肺から息とともに出た水分が結露したものです。 こうした呼吸によって、私たちは1日に約400ミリリットルもの水を排出しています。また、皮膚からも水分は失われます。体内の水分が皮膚表面に達し、1日約600ミリリットルの水分が蒸発しています。

よりわかりやすい水分の排出としては、尿や便があります。健康な人の排尿(排便による水分も含む)の量は、平均で約1.3リットル と言われています。これらを合計すると、私たちは1日に少なくとも約2.3リットルもの水を体外に排出していることになります。

私たちは、1日に2.3リットル以上もの水を排出しているので、それを補わなければ、体内が水不足になってしまいます。水分を補給する方法としては、まず食事があげられます。ご飯やサラダ、 肉、魚、みそ汁、スープなど、ほとんどの食事には水分が含まれているので、私たちは平均的な1日の食事で約600 ミリリットルの水を補うことができます。

また、私たちは体の中で食べものを分解してエネルギーに変えていますが、そのときの化学反応によっても「代謝水」と呼ばれる水分ができます。この代 謝水は、1日に200ミリリットルできると言われています。加えて1.5リットルの水を飲めば、失われた水を回収することができ、体内の水バランスを整えられるのです。

とはいえ排出した水分と摂取する水分を計算しながら生活することは困難です。こうした役割を果たしてくれているのが腎臓です。腎臓は、体内の水分が 足りないときは、尿を濃縮して水の排出量を減らし、また逆に水分の摂取が多いときには、尿の量を増やして余分な水分を放出し、体内の水バランスを整えてく れているのです。